創業30年 奈良の住宅設計事務所 建築家と心地よい住まい創り
土地・物件探しや資金計画など、住まい手の“理想の暮らし”をトータルにサポート致します。

資料請求ボタン無料相談ボタン

設計事例

家庭菜園を本気で愉しむ家

新築

【家庭菜園を本気で愉しむ家】

nanomachi.co.ltd

 

現地は大阪府での設計をさせて頂きました。

建物は2019年7月には終わっておりましたが、遅まきながらアップさせて頂きます。

 

こちらの設計に着手させて頂く際の住まい手さんのご希望は、

広い敷地に既存の住宅が建っていた訳ですが、如何せん建物が広く、

生活で使用しているスペースが限られており、管理も大変である。

また、耐震性にも不安があると言う事で、安心して暮らすことの

出来る住まいを建て替える事でした。

 

私からの提案は、広い敷地の一部を転売して建築費を捻出して

その費用で建築することで出来るだけ費用負担を少なくする。

その為の節税の計画させて頂きました。

 

建物の延べ床面積は以前よりもコンパクトになりましたが、建物全体が

使いやすく、また気持ち良い空間になりました。

少しでは有りますが、ご紹介できる範囲でさせて頂きます。

 

nanomachi.co.ltd

玄関です。

ブラケット照明は以前の建物に使われていたもの。

また、ベンチは玄関にありました花梨の衝立を再利用しています。

漆喰を塗るためにベンチにあるいつもの背板は外されていました。

玄関の床は板張りです。

玄関横には専用の収納庫も完備しています。

 

 

 

玄関ホールを抜けると、目の前に大空間が広がります。

nanomachi.co.ltd

 

nanomachi.co.ltd

 

nanomachi.co.ltd

LDKに入りますと、勾配天井のある吹き抜け大空間があります。

 

ダイニングテーブルまわりから。

奈の町お得意? の制作ベンチですね。

テーブル、照明もオリジナルです。

nanomachi.co.ltd

 

nanomachi.co.ltd

 

リビング中央の上に掛かっている丸太があります。

実はこれも以前の建物から持ってきたものです。

この建物では構造材としての過重負担はしていないので、デザインとして設置しました。

 

nanomachi.co.ltd

キッチンです。

オープンカウンターの下部は大型食器収納です。

大量の食器はここに収納されています。

nanomachi.co.ltd

 

この住まいの愉しい場所。

一番落ち着く場所とも言われているワークスペース。

キッチンの横に建物が突出して造られています。

nanomachi.co.ltd

別名『籠り部屋』 というイメージで造りました(笑)

書籍資料、仕事、事務、家事等がここに座っていれば全て手の届く場所に

有るので何でも出来るスペースです。

ちなみにカウンター深さは80cm、照明もコンセントも設置しています。

ここは空間の狭さも計算されています。

 

nanomachi.co.ltd

リビングと和室の間にも1枚使いましたが、これは欄間ですね。住い手さんのご希望で、この欄間を使った照明を制作しました。

少し暗い目ですので寝室に使用します。

nanomachi.co.ltd

寝室の一部です。

プライベートな空間ですので一部のみです。

寝室には専用クローゼットもあります。

nanomachi.co.ltd

布団収納や箱ものなどを収納するスペースもあります。

正面にある鏡は姿見用。 明かり窓は服類が傷まない様に足元のみとしました。

 

リビング横にはご希望に合わせて和室を造りました。

この部屋は真壁で造られています。

nanomachi.co.ltd

仏間と床の間で構成されていて、床の間は掛け軸も掛けるように

造られています。

 

 

洗面所兼脱衣室は、パントリーと兼用しています。

nanomachi.co.ltd

 

脱衣室から見たところですが、壁面いっぱいに収納棚があります。

中にある白い箱は蓄熱暖房機ですね。

真冬でも浴室廻りはいつも暖かになる様設計しています。

勝手口が見えますが、ドアの向こうは直接外部と繋がっていない形式で

外から見えないようになっています。

nanomachi.co.ltd

デザイン格子戸をつけました。

上部が抜けていますが、この住まいのどの部屋へもこの様に

天井付近が繋がっています。

これは空間を一つにして、室内温度を一定化するためにしたもので

冷暖房が住まいの中全体に行き渡るための配慮です。

 

リビングで気になった吹き抜け上部について。

nqnomqchi.co.ltd

天井から振りこんでくる光がとてもきれいです。

手すり・・・気になりますよね。

両サイドに穴がありますが、ここに上がるための階段はありません。

 

nanomachi.co.ltd

手すりの奥は障子が入っています。

この障子も以前の建物で使われていたものを再利用しています。

下から見るととてもきれいです。

 

nanomachi.co.ltd


この窓はイタリアにある町の建物のReproduction

私ちょっとしたこだわりの場所なのです。

 

招待したいところはまだたくさんあるのですが、

この辺りで終わりましょう。

 

後日外観を後日追加したいと思います。

 

 

では次回また。

浅野勝義/奈の町  ( 2019_10)

 

ps  私のブログにも少し紹介しています。

 

 

▲PAGE UP