創業30年 奈良の住宅設計事務所 建築家と心地よい住まい創り
土地・物件探しや資金計画など、住まい手の“理想の暮らし”をトータルにサポート致します。

相談窓口ボタン

設計監理料 

1,新築・木造2階建て(在来工法)

建築工事費(税別) 設計監理料[税込・万円]
プランニング依頼 198,000円(税込) ※床面積が200㎡を超える場合は割増しとなります。
2000万~5000万円 建築工事費の15.4%(14%+税)
5000万円から 770万円 + [5000万を超えた工事費x12.1%(11%+税)]

 

2.新築・木造3階建て・鉄骨造・RC

建築工事費(税別) 設計監理料(税込・万円)
プランニング依頼 198,000円(税込) ※床面積が200㎡を超える場合は割増しとなります。
2000万~5000万円 建築工事費5%+税)の16.5%(1
5000万円から 825万円 + [5000万を超えた工事費x13.2%(12%+税)]


3,住宅リフォーム・及び古民家リフォーム

建築工事費(税別) 設計監理料(税込・万円)
プランニング依頼 198,000円(税込) ※床面積が200㎡を超える場合は割増しとなります。
1400万~4000万円 建築工事費の16.5%(15%+税)
4000万円~ 660万円 + [4000万を超えた工事費x13.2%(12%+税)]
補足1 木造のリフォームは、全て耐震診断と耐震補強を含んで設計を行います。
補足2 リフォームは、経験上工事費1400万円以上~としております。
補足3 伝統⼯法の耐震補強は複雑でかつ特殊です。 補強に掛ける予算によって補強の⼯事⽅法が異なりますので、その程度は話し合いにより決めています。

 

住宅設計料補⾜事項 

※住宅以外の⽤途の場合は、別途⾒積りさせていただきます。
※エアコン、カーテン等を別途購⼊の場合は建築⼯事費に含まなくて構いません。
※業務内容は新築とリフォームとは多少異なります。
※建築確認申請に必要な印紙代(確認検査機構⼿数料は、確認・中間・完了検査込みで別途74,000円 掛かります。( 延床⾯積200㎡まで)
※先に頂きましたプランニング料は、設計監理業務委託契約を交わさせて頂く際には設計料の一部として含めさせて頂きます。

設計業務に含まれていないもの (設計料以外に別途料金の掛かるもの)

1.  敷地内に建築する擁壁や構造物の設計
2.  市街化調整区域内における開発免除等の手続き(農家住宅、既存建物権利許可等)
3.  宅地造成規制法区域内での切土・盛土・擁壁等による宅造許可申請手続き
4.  都市計画法における開発許可を要する申請手続き及びそれに関係する許可・届出申請
5.  都市計画法の計画道路明示申請や風致許可申請等、建築確認申請以外の諸手続き・申請業務。
6.  地盤調査費(約3~5 万円、敷地の条件によって異なります)
7.  敷地の測量に要する費用
8.  補助金制度のある地区で行う補助金申請手続き (別途費用として補助金の14.3%)
9.  敷地の測量に要する費用
10. 性能表示申請手続き、および住宅金融支援機構のフラット35申請手続きおよび申請証紙代
11. 長期優良住宅申請手続き、およびZEH・低炭素住宅申請手続き料および申請証紙代
12. 水路・里道許可を含む占用許可申請手続き
13. 文化財保護地区内における発掘(試掘)申請手続き
14. 各申請等に要する証紙代・印紙代等


業務リスト
(簡略版)

項目 業務内容 新築 リフォーム・リノベーション
1 プランニング依頼198,000円(税込)
2 既存建物の調査及び現況図の作成
3 3Dムービー作成
4 クラフト模型作成
5 収納・家具の設計
6 仕上材の自由選択と現物確認
7 電気設備及び証明計画、給排水設計
8 外構計画
9 構造計画 許容応力度計算 耐震診断+耐震補強
10 相見積り可、見積り受取り同席
11 見積分析、価格交渉
12 現場監理 ◯(1回/週) ◯1回/週)
13 建築確認申請
14 フラット35s、その他各種申請
15 省エネのレベル対応

上記表記について
○ 業務に含まれています。
△ 別途となります。 御希望の⽅に有料にてお⼿伝いさせて頂きます。
― 業務範囲に含まれていません。

 

▲PAGE UP