創業30年 奈良の住宅設計事務所 建築家と心地よい住まい創り
土地・物件探しや資金計画など、住まい手の“理想の暮らし”をトータルにサポート致します。

資料請求ボタン無料相談ボタン

奈の町について

クライアントが一般個人の住まい手のみと言う事務所は実は大変少なくて、受注先のほとんどは業者なのです。
それは何故か?
設計事務所でなくともそうですが定期的に仕事を発注してくれる相手がないと継続が困難です。
一般個人では後が続きません。そこで仕事は途切れてしまいます。
安定するには業者(建設・不動産・住宅メーカー等)から受注を取る方がよいからです。
しかし、業者から仕事を頂く事は、上下関係が出来てしまいます。
お金をいただく顧客は施工会社や不動産会社になります。
それでは住まい手の立場に立った設計や監理はできません。
奈の町は、どんなに困難でもクライアントを個人のみとして一切業者からの受注を取らないことで、
クライアントだけの専門家としての立場を取っているのです。

設計を進めて行く際、まず初めに住まい手さんの話をじっくり聞かせて頂きます。
住まいへの要望だけでなく、家族構成に、ご夫婦の仕事やそれぞれの暮らし方、家事の分担や生活リズムなど。 聞かせて頂いた様々な要素を整理し頭の中で組み立てると、その住まいの部分的なイメージが頭の中に浮かんできます。 このイメージが住まいのベースとなるのです。
住まい手さんは、しっかりとした自分の暮らし方や住まいへの想いを持っています。
それは具体的な図や空間がある訳ではなく、雰囲気だったり雑誌のイメージだったりですが。
ただし、住まい手さんのこうして欲しいという要望をそのまま実現すれば喜ばれるように思われますが、実はそうではありません。
こうして欲しいという結論に達した経緯からお聞きし、本当の想いを見つけることが大切なのです。
直接的な希望ではなく、本当の想いを見つけることができないと、結局満足いく住まいにはならないからです。これが奈の町の考える【住まい手さんの想いを形にする家】ということです。

また設計には、敷地条件も大変重要です。
敷地が広いか狭いかと言うのではなく、その敷地がどんな特徴を持っているかがポイントで、整理します。それは敷地の中に段差があっても、周囲を家で囲まれていても、その中に特徴を見つけ出します。

どの様な敷地であっても、住まい手の想いを現実に創り出すのが建築家の仕事プロです。

奈の町は設計・監理のみの会社で、建築工事を請け負いません。

なぜなら設計と施工は分離する方が、良い住まいを適正な価格で建築できるからです。
建設会社や住宅メーカーは、設計と施工を一緒に請け負います。 工事費の見積もりは、自社の仕様で坪単価いくらの算定ですから他社の建物と同じ条件での比較はできません。 また設計施工が一体の場合、設計としての予算があいまい(設計費はお安くなります)なことから住まい手さんとしっかり検討して決めて行く為の時間と予算が少ししかありません。 ある程度設計が決まった段階で、あとは工事担当(現場監督)へ交代します。
工事が始まれば打合せするのは現場ですので、細部まで打合せしていないと住まい手さんは不安になります。また工事内容のチェックは住まい手自身が行う事になります。
では、設計と施工が分離している場合はどうでしょうか?
建築する前に住まい手さんとしっかりと時間を掛けて打合せを重ね設計します。 要望を整理して予算の範囲内で最良の方法を考え、住まい手さんだけの設計図書を作成します。
設計図書が出来ると見積に出すわけですが、見積先は何社でも条件は全く同じになります。
出された見積書を比較すれば内容は一目瞭然、価格交渉もしやすくなるのです。
現場が始まりましても、貴方の設計者(監理者)がいますから住まい手さんの意図を理解したうえで現場の指示を出し、完成までしっかりと現場でのチェックを行います。
設計者である奈の町は、施工者とは別の立場を取るべきであると考えて、建築工事を請けていないのです。

ここは奈良県。
日本屈指の木材の産地で、吉野杉・ヒノキが、地元の木材として著名です。
吉野材の樹齢60年から100年に及ぶ美しい年輪と優しさが、見る者の心を惹きつけています。
樹々の、私達の寿命では考えられないスケールで育ってきた時間と命は、家人たちの住まいとして、新しく生まれ変わってくれます。
木の素晴らしさはそれだけではありません。
断熱性能に優れていること、軽いこと、そして何より他の構造と比べてコストの安いことがあげられます。
構造もしかり。木造は弱いなどと言う方がおられますが、構造計算さえすれば全く安全なのです。

また、樹木の種類それぞれに持つ木目や色合い・香り・特徴は、使われる部位や場所それぞれでその素晴らしさが光ります。
たとえば、土台にはヒノキ・栗・ヒバ・カヤといった水・シロアリに強いもの、柱はヒノキ・杉・栂など目の美しいもので軸力に強いもの、梁は松などのしなり(粘り)強いものが適しているように。
そして、欅や桜・ブナ・樺・楓・楢・胡桃などの広葉樹は、塗装された美しさにその特徴があります。
この地元奈良にある吉野材の特徴
吉野材は年輪が密で構造材として強く、また節が少なく色艶が良いとされており、杉なら秋田杉、ヒノキなら木曽ヒノキに次ぐ日本屈指の良材です。
これを知れば、こんな素晴らしい木である吉野材を使わないで家を建てることが、どんなに勿体無いことなのか…いや、建てるべきなのです。
私達は幸せなことに、この吉野材のある"奈良"に暮らしているのですから。

 

奈の町の「土地からサポート」は、物件(土地・建物)を探すのに、ご相談者の方で不動産業者を廻って頂く事をお願いしていました。
ご相談者が不動産屋さんへ伺っても、その時の情報はくれるのですが、その後は音信不通になりがちで・・・。
やっとのことで物件が見つかれば、そこから奈の町が敷地の調査や価格の交渉、契約の立ち合いなどのお手伝いが可能という訳です。
要するに初めに【物件ありき】でした。うちは仲介が出来ない。それが奈の町のジレンマだったのです。
しかし現在は違います。設計事務所の枠を超えて、土地の情報提供も仲介も可能になりました。
もちろん不動産専門業者ではないので、相談者が、他の不動産屋さんで物件を見つけてこられても何の問題もありません。
目的は、いい物件を見つけ、そこに貴方の快適な住まいを完成させることですから。

奈の町の物件探しのサポートは、

1 土地・建物・諸経費等~「住まい」に関わる費用をトータルにサポートします。
2 奈の町から物件の継続的な情報提供をいたします。
3 仲介手数料を少しでもお安くさせて頂きます。

お互いに協力して物件を見つけましょう。 物件の見落としのないように。
もし気になる物件があれば出来るだけ早いタイミングで現地確認しましょう。
そして冷静に自分たちが暮らす為に良い環境か考えて結論を出しましょう。
但しその際の注意です。 気に入ったからといって予算を大きく超える物件はやめましょう。
それでは住まいは完成されません。
たまにいらっしゃいます、土地が気に入って、高くても購入してしまい、建物の費用が出てこない方が。
快適な住まいは、土地と建物トータルに考えましょう。 

1 建築条件付土地の購入を検討しています。設計をお願いできますか?

2 設計費用が発生するのはいつからですか?

3 現在の住まいの耐震診断だけ依頼出来ますか?

4 リフォームを考えていますが地震に対する補強なんかはどの様にされるのでしょうか

5 現地が遠距離です。設計を依頼することは可能ですか?

6 土地を購入してから住まいを建てるのですが、土地購入から相談に乗ってくれますか?

7 新築する予算がないので中古住宅を買ってリフォームを考えています。

8 工務店を決めています。設計をお願いする場合、そこで工事して頂くことは出来ますか

 

1 建築条件付土地の購入を検討しています。 設計をお願いできますか?

可能ですが、問題点が多いです。 但し可能性があります。

住まいを建てるための土地探しは、本当に大変だと思います。
希望地で希望価格の土地に巡り合うのは、大変低い確率だろうと思います。場所が気に入ったからと言うことで当社でも建築条件付の土地を購入し、家づくりをしたいと住まい手さんから相談されることがあります。
そもそも建築条件付土地のメリットは、周辺の土地単価に比べて価格が手ごろである事に尽きます。
しかし、この価格の安さはちゃんと建築工事に含まれています。 ちなみに条件をはずすといくらで分けてくれるか聞いてみてください。 その価格の差額分が建築費にのせているわけです。
さて、実際に条件付きの土地で私の設計監理ですが、2つだけ問題をクリアーしたいと考えています。
一つ目は申し込み後3ヶ月(H15に任意期間と法令改正された)の設計期間で工事契約するには、設計の期間があまりにも短いこと。 もう1つは建築価格の交渉が難しいこと。

3か月で設計を済ますのは大変忙しく、周2回以上の打合せペースになります。 また、施工会社(土地の販売業者)が建築するので、設計内容に合わせた見積もりをコストダウンすることは大変難しいと思っておいてください。 お安く建築するための方法が割高になるのは本末転倒ですね。

でも実際、この建築条件付き土地でクリアーする方法があります。
上でお話ししました建築条件を外してもらって購入する事です。
少しコストアップにはなりますが、満足できる家づくりは出来るのでご検討ください。
このようなケースで設計をさせて頂いたケースは数多くあります。

2 設計費用が発生するのはいつからですか?

設計の費用につきましては基本的に初回のご相談は無料です。

ご相談時に敷地図面等をお持ちになって頂けると、私としては詳しい情報頂けるので助かりますが、具体的なアドバイスやプランニング案などは致しません。

私は出逢いを大切にしていまして、住まい手さんの事をたくさん知りたいと思っています。
最初の出会いは互いにとても大切で、じっくり話し合ってから先に進むか決めていきましょう。
お会いして気持ちが合えば、「プランニング依頼」をお願いいたします。

費用は、「プランニング依頼」を頂いた時から発生するとご理解下さい。

その後、プランニング提案をさせて頂き、気に入って頂ければ設計委託契約を交わさせて頂きます。
また、土地購入からお手伝いさせて頂いく場合は、土地の売買契約時に設計依頼契約書を交わさせて頂きます。

3 現在の住まいの耐震診断だけ依頼出来ますか?

「耐震診断のみ」の受注は行っておりません。

暮らしのテーマが「地震に強い家に改善したい。その為の耐震診断」であれば大丈夫です。
もちろん奈の町が設計を行うことが基本になります。
たとえば耐震診断だけ行えば、ただ住まい手さんに不安を抱かせるだけになります。
病院で診察だけして治療をしないのと同じです。
「私が行う設計」の目的は、安心と暮らしの改善であり、楽しむ家づくりにあります。
ですから、耐震診断のみの受注はお受けしておりません。

耐震補強と住まいの改修を含んでおりましたら喜んでお請けさせて頂きます。

4 リフォームを考えています。地震に対する補強なんかはどの様にお考えでしょうか?

奈の町のリフォーム・リノベーションは、現在の建物について現状調査の上、耐震診断(精密診断1)を行い、リフォーム設計時に耐震補強を行うことで、大地震の際に一気に倒壊してしまわないよう、安全基準【評価1.0】を目標に構造計画を行います。

難しそうな表現になってしまい申し訳ありません。 噛み砕いてお話いたしますと、現在市場で行われている耐震診断とは、“一般診断法”と言われる診断法で、専門家でなくとも講習や指導を受ければ、決められたシート通りにチェックするだけで判定できる方法です。

奈の町は専門家としての判断で判定が可能な【精密診断法1】を使った精度の高い耐震診断の判定を行います。 その判定結果からリフォーム計画を行い、同時に地震に対する耐震補強を行うのです。
耐震診断を行う本当の意味は、正しい耐震補強を行う為の現在の建物の調査(診断)です。

ちなみに、昭和56年以前に建てられた木造の建物は、ほぼその全てが安全評価基準である【評価1.0】を下回りますのでそれらの建物は、調べなくても、だいたいが現在の耐震基準には不適合となります。
古い建物でこの耐震診断書を見せてリフォームの営業をするような業者があると聞きますが、それは相手を怖がらせているだけです。  本来、耐震診断の目的は、その結果を理解した上で震災時に倒壊しないよう耐震補強を行うための調査なのです。

5 現地が遠距離です。設計を依頼することは可能ですか?

奈の町では、当社より車などの交通機関により片道1時間半圏内で承ります。

奈の町の基本現場監理は、週1回ですが、現場の進行状況によっては、それ以上になることもあります。 一時間半以上の遠距離の現場になりますと、往復に掛かる時間負担が大きくなりすぎることと、急な現場での対応がしにくくなくなることです。
現場は常に進行しているので、現場監理のない日でも急な問題が発生した場合でも、現地に向かえば解決に向かうことも出来ます。
遠距離でも、どうしても奈の町に依頼したいとご希望の方は、一度ご一報ください。
じっくりお話しさせて頂きたいと思います。

6 土地を購入してから住まいを建てるのですが、土地購入の段階から相談に乗ってくれますか?

一般の方が土地から購入して建築家と家を建てることは、大変だと思います。
それに初めて土地という不動産を購入すること自体、不安がいっぱいだと思います。
土地の購入のこと、建物のこと、お金のこと、そういった事を相談するのは、不動産屋さんではなく、当初から建築家に相談するのが一番良い方法だと思っています。

奈の町は土地の購入から建物の完成までトータルでお手伝いいたします。

土地建物の仲介も致します。 希望の土地探しは容易ではありませんが、住まい手さんご自身で探して頂くことと、奈の町からも物件を継続的にお探しして紹介させていただきます。

きっと良い場所に巡り合うと信じて、互いに連絡取り合って探していきましょう。

7 新築する予算がないので中古住宅を買ってリフォームを考えています。
中古住宅を買ってリフォームするのが昨今人気のようですね。
リフォームをすると以前までとは全く異なった建物に見えますものね。
お洒落にDIYが出来たら大変お勧めです。 奈の町でもご相談は多いです。
さて、予算が少ないのですよね。
中古住宅はその建物がどのくらい傷んでいるか、また、貴方の希望に合った間取りかと言うところがポイントでしょうか。
まず傷み具合から。

建築年が昭和56年以前の建物なら全面的に耐震補強が必要だと思ってください。 それ以降の建物でしたらまず耐震診断とインスペクションを行います。  耐震補強が必要ならある程度広範囲の補強が必要になりますし、インスペクションは専門家の目視で確認した瑕疵が確認できますのでその辺りの改修が必要です。新しい建物なら安心ですが、勿論高額ですよね。

中古住宅を買って、水周りと内装だけ綺麗にして住まれるのでしたら、リフォーム費はお安く出来ると思いますが、それに《安心》という要素が加わると、結構な費用がかかります。一般にリフォームを本格的に行うには、基礎から屋根まで改修しますから新築並みの費用は掛かると思っておいてください。 しかし今回予算を抑えるのが目的ですからこれは違いますね。

建物が丈夫で、間取りもそのまま、水回りや内装を少しリフォームするぐらいの、予算内の物件に巡り合えたら良いと思います。

8 工務店を決めています。設計をお願いする場合、そこで工事して頂くことは出来ますか?

はい、大丈夫です。 今までも住まい手さんのご紹介頂いた工務店さんで建築させていただきました。
但し、条件によってはお断りさせていただく場合があります。

奈の町の今までの経験で決めていることがあります。 それは、施工する方(工務店も含む)と住まい手との関係が、深い関係(親子・親族・深い友人など)であればあるほど、家づくりが住まい手の想いと違う方向へ行ってしまい、満足できない結果になるので、最初からお断りさせて頂きます。
逆ではないか・・・と思われるかもしれませんね。
でもこれは本当です。
建築家は住まい手とじっくり話し合い、その想いを設計図に落とします。施工者(個人・工務店を含む)は設計図に則りながら進めてゆくのですが、もともと住まい手と関わりの深い方なので、「なぜそうなったのか」を考えるより、「自分ならこうする」という意識が優先します。 施工者がこちらより住まい手を理解していると思っているので、当然、こちらが現場で是正や指示をしても、理由を理解する前に、現場を自身の判断で良いと決め、勝手に住まい手に了解なく変更することがあります。

住まい手も深い関係の方なので、むげに反対も出来ず泣く泣く承認となる・・・
・・・今まで何度もこんなシーンを見てきました。
ですからこのようなケースはお受けしないことに決めました。
そうではなく、以前からお付き合いしている工務店でしたら是非ご紹介ください。

ご縁を大切にして、一緒に素晴らしい住まいを完成させたいと思います。

▲PAGE UP